スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ゆうすげ on --.--
Category :スポンサー広告

ヴィジェ・ルブラン展

2011.4.5ルブラン展5

ジョサイア・コンドル設計のオフィスビルを復元したレンガ作りの三菱一号美術館の入り口です。
素敵ですね。


2011.4.5ルブラン展6

三菱一号館美術館で開催されている「ヴィジェ・ルブラン展」へswanseaさんと行ってきました。
地震の前にお約束をしていましたが
地震のために休館に。
美術館もやっと開館しましたし、ゆうすげも日常を取り戻し
お出かけが出来るようになりました。

始まる前からあちらこちらでこのポスターを見かけました。

2011.4.5ルブラン展4

入り口にも大きなポスターがありました。

2011.4.5ルブラン展1


さぞ混んでいるだろうと覚悟していましたが
思いのほかゆっくりと見ることが出来とても楽しめました。

マリーアントワネットに気に入られてたくさんの肖像画を残した女流画家ルブラン。

Ⅰプロローグから始まり Ⅸ 新しい時代 という流れになっています。

ルブランの絵画は後のほうに出てきます。 
たくさんの女流画家とたくさんの作品。
こんなに女性の画家が活躍していたとはすこし驚きでした。

ルブランはマリーアントワネットのお気に入りの画家でしたが
フランス革命中にイタリアに亡命し命を落とすことはなくその後フランスに帰ることも出来、86歳(長生きですね)生きたそうです。
同い年のマリーアントワネットは1793年断頭台の露と消え
もう一人の画家アンヌ=ロザリー・フィイユールもアントワネットの親友ということで1794年に
断頭台へと送られました。

2011.4.5ルブラン展7

左と真ん中の二枚はルブランの自画像です。
右はポリニアック公爵夫人の肖像です。

2011.4.5ルブラン展3


2011.4.5ルブラン展2

レンガ作りの外観もどうぞ~

マリーアントワネットの時代やロココがお好きな方には
見ごたえのある展覧会だと思います。
スポンサーサイト
Posted by ゆうすげ on 06.2011   2 comments
Category :お出かけ

こんにちは、ゆうすげさん。
こちらの企画展ものすご~く見たかったものです♪
チラシに掲載されている絵はどれも見たことがあります~。
全国を巡回しないものかと願っているものの・・・・。
グッズも素敵な物がありそうですね。
2011.04.07 16:13 | URL | マリー #DTXCSiqA [edit]
マリーさん♪
コメントありがとうございます。

今回大変でしたね、でもお元気そうでよかったです。

ロココお好きでしたね。
色々見てみましたが巡回の情報は欠いてないです。
お近くで展示されればいいですねぇ。。。
最近の展覧会の中ではゆうすげ的にはかなりよかったです。
目録を購入しようか、さんざん迷いましたが
まだ寄るところもあり諦めることにしました。
2011.04.07 18:51 | URL | ゆうすげ #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうすげ

Author:ゆうすげ
本館のMaison Blancheもどうぞよろしく♪

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。